スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相 妻伸子さん「ご愁傷様かも」(毎日新聞)

 東京都武蔵野市の菅直人新首相の自宅には4日朝から大勢の報道陣が詰めかけ、支援者や関係者から次々とお祝いの花や電報が届いたが、妻伸子さん(64)は姿を見せなかった。

【写真特集】市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み

 インターホン越しにファーストレディーとなることへの感想を求められると、「大変ですから重いです。本当におめでたいのかどうか。逆にご愁傷様かもしれませんし」と淡々と答えた。さらに「初めてのことでやってみなきゃ分かりません。生活は変わりますね。自由が制約されるので嫌ですね」と正直な気持ちも吐露した。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
【関連記事】菅氏、代表選出あいさつ「この国を立て直すことが第一の仕事」
【関連記事】幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性
【関連記事】民主党新代表に菅氏 獲得票数も
【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン

三浦朱門さん車にはねられる=頭に軽傷、東京・上野(時事通信)
あなたは和菓子と洋菓子、どちらが好きですか(Business Media 誠)
鹿児島大衛星、電波を確認=H2Aで相乗り打ち上げ(時事通信)
新首相、初外遊はサミットに=上海訪問見送り(時事通信)
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官(産経新聞)
スポンサーサイト

自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)

 自民、公明両党の幹事長、政調会長が26日午前、都内のホテルで会談し、宮崎県で感染が拡大した口蹄(こうてい)疫問題について、両党がそれぞれ国会提出した緊急特別措置法案の与野党協議を優先し、協議が不調に終わった場合は赤松広隆農水相への不信任決議案を提出することで一致した。特措法案は全頭処分による農家の損失を全額負担する内容。27日中の衆院通過を目指している。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、日米両政府が共同文書を発表する28日に、自民、公明、共産、みんな、たちあがれ日本の5野党幹事長会談を開き、鳩山内閣不信任決議案の提出時期などを検討することも確認した。

 自民、公明両党は、放送法改正案を強行採決した近藤昭一衆院総務委員長(民主)への解任決議案を26日にも提出することで一致した。

【関連記事】
口蹄疫 経済的損失回避へ、封じ込め徹底
口蹄疫 企業の支援相次ぐ 現地に拠点などで
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ
口蹄疫 島根県が水曜日を「一斉消毒の日」に制定
こてっちゃんのエスフーズ、東国原知事に義援金8千万
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相動静(5月21日)(時事通信)
<転落死>「タミフルで異常行動」遺族が提訴へ(毎日新聞)
日米会談 両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」(時事通信)
47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)

【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(1)(産経新聞)

 □浄土真宗本願寺派総長 橘正信さん

 ■混迷の時代に教えを発信 大遠忌には何かを突き動かす力が。

 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)は平成23年、宗祖親鸞聖人の750回大遠忌法要を迎える。50年ごとに1年をかけて営まれる大遠忌法要。橘正信総長(67)がその陣頭指揮をとる。分刻みの忙しさのなか、さらに100年後を見据え、宗門組織や宗法改正の改革にも着手。混迷の時代だからこそ、親鸞の教えの必要性を説き、新時代に即応した教団づくりに情熱を注ぐ。(聞き手 嶋田知加子)

 --「親鸞聖人750回大遠忌法要」まで1年を切りました

 橘 すでに本山の全員が緊張感みなぎるような状態です。浄土真宗の「み教え」を深く味わうことのできる新たな機縁。親鸞聖人のご苦労をしのび、お徳を讃(たた)えるとともに、50年に一度という、とても意義ある法要を迎えられる時期に生まれ、非常に恵まれた人生と思っております。

 --大遠忌をきっかけに教団の大胆な改革にも乗り出したそうですね

 橘 例えば、宗法改正があります。浄土真宗本願寺派の宗務を担当する「宗派」と、親鸞聖人のみ教えを継承する「本山本願寺」のそれぞれの役割を明確にして、お互いが協力関係をもって進む方向になるよう検討しています。宗派は宗務に専念することで企画力や行動力が出て、伝道に力を注ぐことができ、全体の活性化にもつながります。今は混迷の時代。どんどん社会に向けて、教えを発信していかなければなりません。親鸞さまも当時、まったく教えを知らない人々に努力して伝えていかれたのですから。

 --伝統教団だけに、組織改革は大変なのでは

 橘 今後の100年に応えるための改正なんです。これからは地方の時代だと思います。地方に合った、地方独特の伝道方法を取り戻していただければと思います。

 --地方が独自の動きをすると、バラバラになる心配はありませんか

 橘 教えそのものは親鸞さまのみ教えです。過疎、過密の地で同じやり方はできません。過疎地対策も重要な問題ですし、門徒さんが増えることも大事です。

 --新たなお経も作られたそうですね

 橘 「宗祖讃仰(さんごう)作法」というものです。今までは漢文のお経を使用してきましたが、和文のおつとめ(お経)を作りました。親鸞聖人のお作りになった和讃を中心としてできあがったものですから、意味がよく分かると思うんです。もちろん漢文のお経も大事ですが、このお経は今回の大遠忌の特徴でもあり、非常に画期的ですね。

 --橘総長が就任されてからはさらなる改革も進められています

 橘 昨年12月に「宗務企画室」を設けました。有識者を招き、新しい宗門を立ち上げるための情報や世界動向を分析していただき、将来の宗門構想を作っていきます。今は過去30年ごとの宗門を調査、研究し、現状を把握。いずれシンクタンクのようにしていきたいと思います。

 --大遠忌の際はいつの時代も変革が行われたのですか

 橘 例えば、親鸞聖人300回忌。記録によれば、戦国時代ですから既存仏教は法要ができなかった。しかし、当時、新興仏教だった本願寺は庶民の仏教として、民衆の力で法要をしたんです。大遠忌には何かを大きく突き動かす力がある。伝統の上にあぐらをかくことなく、常に新しいものを取り入れ、教団を構築していったのです。

                   ◇

【プロフィル】橘正信

 たちばな・しょうしん 昭和17年生まれ、岐阜県出身、67歳。昭和32年に得度し、浄土真宗本願寺派の僧侶となる。同45年、龍谷大学大学院文学研究科博士課程満期退学。平成5年、圓勝寺(岐阜県本巣市)住職となる。同9年、同派宗会議員となる。その後、閣僚にあたる総務を2期務める。同21年8月、総長就任。信条は「顕真実(けんしんじつ)」。真実を求め、真実に生きるという意味。現在、龍谷大学理事長、全日本仏教会常務理事、真宗教団連合理事長など務める。趣味は読書、芸術鑑賞。

【関連記事】
「母を責めたことも…」前原国交相、33年前の父の自殺語る
礼賛、思い出話、居眠り…緊張感ゼロ“お遊戯国会”
異例「東・西」本願寺そろって協力要請 親鸞遠忌法要
ろうそくの明かりに縁結び 雪化粧の飛騨「三寺まいり」
臓器移植改正案審議を「慎重に」 浄土真宗本願寺派が要望
中国が優等生路線に?

ライター 販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
フジテレビ、消毒せずに地元住民に取材しトラブルに(スポーツ報知)
08年の平均所得547万円=生活「苦しい」、最高の58%―厚労省調査(時事通信)
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
<鞆の浦>架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)

メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)

 健康食品や化粧品のマーケティングリサーチを行っているヒューマ(本社=東京都港区)が実施したアンケート調査の結果によると、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査(特定健康診査)の対象者のうち、対象だと知りながら健診を「受けていない」と回答した人が30.7%だった。一方、「受けた」と回答した人は49.4%で、「対象者だと知らなかった」は16.7%、「対象年齢外だと思っていたため受けていない」は3.3%だった。

 企業の健康保険組合、国民健康保険を運営する市区町村などに対し、2008年4月から、40-74歳の加入者を対象とした特定健康診査の実施が義務付けられている。

 今回の調査は10代以上の人を対象に、今年1月4日から3月3日にかけて、同社が運営する情報発信サイト上で実施し、4506人から回答を得た。このうち、08-09年の間に40-74歳で、特定健診の対象者だったのは2184人。

 対象者だと知っていながら受けていない人に、受けなかった理由を尋ねたところ、最も多かったのは「忙しくて行けなかった」で21.7%。以下は「受ける必要はないと思った」(18.2%)、「受けなければならないという知らせがなかった」(13.1%)などと続いた。

 また、健診の結果、生活習慣の改善が必要と考えられる人に行う特定保健指導の対象者に、特定保健指導を「継続して受けたか」と聞いたところ、「受けた(受けている)」は64.9%、「継続して受ける気がない」は35.1%だった。


【関連記事】
特定健診受診率は約3割、東高西低
メタボで入院外医療費が1.4倍に
メタボになると性機能が低下?―ファイザー調べ
「三位一体」でメタボ対策を
特定健診の価格設定にばらつき

<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
大阪の街頭犯罪激減、東京との差10分の1に(読売新聞)
3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)

アニメ描写で都「しずかちゃん入浴ならOK」(読売新聞)

 東京都は26日、18歳未満の性行為を露骨に描いた漫画やアニメの販売・レンタルを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案についての質問回答集を作成した。

 同改正案が「表現の自由を侵害する」などと批判を浴びている問題に反論しようとするもので、「回答」では、「創作や出版、大人への販売は自由」と表現の自由を侵害するものではないと強調。「裸のシーンはすべて規制される」という誤解には、「ドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンは規制されない」などと、6作品の具体的な場面を挙げて説明した。都のホームページに掲載される。

 改正案は2月に開会した都議会に提案されたが、民主党などに一般から多数の反対意見が寄せられたことから継続審議となっている。

渋谷の裏スロット店摘発 従業員ら逮捕 7800万円売り上げ(産経新聞)
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
<テレ朝>金属入り脅迫文届く(毎日新聞)
無許可ガールズバー摘発=店員は14歳中学生-大阪府警(時事通信)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ミスターやすおゆい

Author:ミスターやすおゆい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。